繁華街で生き抜くためのお酒の選び方と仕入れのポイント

繁華街で生き抜くために、酒の仕入れに力を入れることも重要です。質が高いワインやビールを置いている店は、客からの信頼度が高くなりますが、同時に料理の評判も良くなるものです。ところが、逆に十分な質が保たれていない場合には、料理も含めて台無しになってしまいます。競争が激しい繁華街で生き残るためには、管理も含めて徹底的にこだわることも大切です。

店としての方向性を明確にすることで、個性を際立たせることができます。日本酒の場合には、完全発酵の純米酒にこだわって、アルコール添加の酒は置かないようにすることも選択肢の一つと言えます。このような方向性で営業すると、本物嗜好の客からの注目度が高まることが考えられます。安易に妥協して安価なものばかりを置くことはせずに、高価であっても正真正銘の本物だけを集めれば、繁華街の厳しい客も満足させることができます。

繁華街を行き交う人が利用する店ですから、許容の範囲内で多くの人の好みに合う酒を仕入れることもポイントになります。淡麗なビールを好む人がいる一方で、貴腐ワインのような甘口の種類を好む女性もいるため、どちらの客も満足できるメニューを作ります。カクテルやハイボールなどの爽やかなものを用意しながらも、マッコリなどの濃厚なアルコールも取り揃えておくと、毎日のように変化する客の好みに対応できます。

辛口から甘口の種類に至るまで、あらゆる酒を用意することは大切ですが、保存場所も確保しておかなければいけません。冷蔵室が満杯になるほどに仕入れをしてしまったために、火入れをしていない生酒を常温で保管すると、品質は著しく劣化します。優れた醸造家が作ったビールやワインも、店側の管理が悪ければ台無しになってしまいます。多くの種類を用意することは大切なのですが、保管場所の許容を上回ることは避けなければいけません。このようなことから、実際に用意できる種類は限定的になることが多いですから、絶対に自信が持てるものを厳選できるだけの能力も求められます。

繁華街で生き抜くために、あくまでも料理の引き立て役としての酒を選ぶこともポイントになります。多くの客はビールやワインだけを飲むために入店することはなく、料理を第一に考えるのが普通です。料理が最初に主役となる段階で、相性が良さそうなワインやビールを選ぶことで、両方の関係が成り立つことになるのです。そのため、あくまでも顧客目線で品定めをして、最後まで心地よい余韻を残せるようにサービスを提供することがポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です