お店ジャンル別、良く出るお酒と仕入れのポイント

お酒を提供する場所として、お店によってもジャンルが異なってくるでしょう。
フランス料理を提供している場所であれば、優雅な雰囲気に似合ったお酒を提供する必要が出てきます。
和食料理であれば、日本酒を提供することが増えるでしょう。
カジュアルな雰囲気のお店であれば、みんなで楽しく飲めるようなお酒や、そして沢山のニーズに合わせる為に、様々な種類を用意しておく必要があります。
 
まずは、高級店などのジャンルを選ぶ場合はやはりワインやシャンパンといった物を提供することが増えてきます。
仕入れのポイントは、お店の雰囲気と、提供している料理に合う物になります。
仕入れる際に、業者によっては試飲出来ることがあるので、試してみると良いでしょう。
 
和食料理者で言えば、日本酒が自然と増えてきますし、料理との相性も抜群です。
しかし、和食料理といっても、高級店からカジュアルな創作料理を提供しているお店まで様々です。
同じ和食というジャンルでありながら、実際に提供している料理の内容は変わってきます。
そして、提供されるサービスによって、お客様も注文する物が変わってきます。
高級店であれば、誕生日や何かの祝い事に使われるケースが多くなるため、必然的に高価な物を注文します。
逆に、カジュアルなお店で、友達同士とのランチやディナーを楽しむ場合であれば、それに合わせたカジュアルな物を注文します。
お店の雰囲気と提供する料理に合わせて考えていきましょう。
 
そして、カジュアルなお店など、みんなで楽しく飲めたり、お一人様でもカップルにも人気のあるような場所であれば、それはもう、多種多様なお客様が集まる傾向がありますから、それに合わせて料理も飲み物も用意しなければなりません。
お子様連れでいらっしゃる方もいるかもしれません。
豊富なメニューを用意することによって、選択肢が広がり、選ぶ楽しさがあります。
 
そして、どのお店にも共通して提供されるお酒と言えば、ビールです。
 
一見カジュアルですが、高級店でも食前の飲み物として提供されることがあります。
もちろん、カジュアルなお店でもみんなで楽しく飲むことも出来ます。
苦みが気になる方の為に甘いフレーバーを利用した物なども出ていますし、高級志向を意識したモルトビールなどもあります。
 
大雑把にジャンルを分けるのであれば、高級か、カジュアルか、そして洋食か和食なのかといったジャンルで言えば、洋酒か日本酒なのか、といった風に考えていけば、後はそのお店に合わせて用意すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です