洋食屋さんで仕入れておきたいお酒

料理には日本料理やフランス料理、中国料理など色々な地域などでその特色を活かしたものがたくさんあります。その一つに洋食屋さんがあり、フランス料理やイタリア料理など西洋料理を提供するお店になります。そのため、使用する食材も、日本ではあまり使わないものもあり、調理法や味付けなども違ってくるものになります。このような特徴があるだけでなく、食べる際のマナーにも違いがあり料理に合わせるドリンクも違ってきます。
日本料理であれば日本酒や焼酎などを合わせることが多く、中国料理では紹興酒などを合わせたりします。しかし洋食では食前や食事中に飲むもので種類が違ってきます。食前酒ではすっきりとしていて食欲を増進させるようなものが、好まれます。そして、食事中ですがこちらはワインを頼むことが多くなります。このように洋食では場面によって飲むものが違ってきたりするので、それぞれ用意する必要があります。
洋食ですっきりした食前酒には、シェリーやベルモット類のチンザノなどをストレートで頼むことが多くなります。しかし、お酒が苦手な人などはカンパリオレンジなどのカクテルを頼むと、アルコールも低めで飲み口もいいのでおすすめであったりします。また、食中に飲むワインですが、料理の種類によって赤や白と変えたりすることもあります。一般的には肉料理には赤、魚料理には白と言われますがさほどこだわらず、好きな種類のワインを飲んでも問題ないでしょう。雰囲気を楽しみたい場合などであれば、ロゼワインは色合いを楽しむことができます。そのほかにも、何かの記念日などであれば、スパークリングワインを頼むのもより雰囲気を出すことにつながるので、仕入れておけば活躍の場があります。
しかし、洋食屋さんはレストランなどのように厳格なものではなく、カジュアルで肩ひじ張らずに楽しめるお店であることが多いです。そのような場合にきっちりとしたルールに沿って提供するのではなく、お客さんの要望に合わせて適度に応えられるお店の方が、楽しむことができます。そのため、食前酒やワインといったものだけでなく、ビールやカクテル、場合によっては日本酒を仕入れておくことも大切なことになります。
仕入れサイトをうまく活用して、お酒の適切な在庫管理に努めましょう。
料理は食べるのに必要なものですが、お酒は必ず必要なものではありません。料理によってはアルコールが入っていない飲料が合うこともあるので、無理に特徴をつかむのではなくそれぞれの好みに合わせたものを提供しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です