肉料理におすすめなお酒と仕入れの際のコツ

一般的に肉料理に合うとされる酒類は、赤ワインとビールです。赤ワインは洋食の肉料理で用いられることが多く、ステーキと共に出てきたという経験をしたことがある人は少なくないと思います。

ワインは赤と白が最も取り入れられることが多いワインの種類で、赤は肉・白は魚に合うイメージが世界的に広まっています。洋食の魚料理(ムニエルなど)は白身魚を使うことが多く、肉料理に使う肉は赤みを帯びていることが多いため、魚料理には白ワインで肉料理には赤ワインになっているのではないかといった説もあります。それでも好みがあるので、肉料理に白ワインを合わせる人もいます。

ビールも肉というイメージが強く、日本では焼き肉店や焼き鳥店でよく飲まれているお酒です。ビールが肉に合うといわれている理由は肉の脂っぽい感じを取ってくれるからで、ビールにある炭酸感が脂っぽさを排除してくれるから肉料理と一緒にビールを飲むという意見が多く挙げられています。ビールにも種類があるので、種類によっては肉の味に負けないから肉にビールという意見もあります。

近年になってからの話ですが、焼き肉店ではジントニックを用いるお店も増えているようです。始めのきっかけはジンと肉(ジントニク)という言葉遊びでしたが、ジントニックの味や口当たりは焼肉に合わないことはなく、むしろ合う方の感じがあるため、現在に至ってはジントニックを取り扱っている焼き肉店が多いです。

赤ワイン・ビール・ジントニックの全てを仕入れても良いのですが、肉料理といってもステーキ・ハンバーグ・焼肉・焼き鳥などいろいろあります。お店で使う場合はお店の料理に合ったものを選ぶことが望ましいです。

選び方のコツとしては、その料理の脂っぽさを解消させる又は合う口当たりであること・料理の味に合うこと又は味を害さないこと・実際に飲んでみることです。文字だけの知識で肉類にはこのお酒といった情報はたくさんありますが実際に飲んでみないと分からないことなので、お店の料理とお酒を一緒に飲食してみてどうかが大事だと思います。

もし、お酒が飲めないとかお酒について判断できる自信がない場合は、専門店に赴いて直接質問や相談をしてみると良いです。最近のお酒専門店の店主さんは、このお料理にはこれが合うといった研究を熱心に行っている人もいるので、本気で合うものを仕入れたいと考えているなら熱心な店主さんのいる専門店で選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です