カジュアルな居酒屋ではお酒にどのくらいこだわるべき?仕入れのポイントは?

友人や恋人との楽しい食事や、仕事等で取引相手と飲むお酒はその場を適度に盛り上げてくれるので欠かす事のできない飲み物として多くの方に人気になっています。
しかしその場の雰囲気や提供される料理によって最適なお酒も大きく変わって来るので、飲食店の方はより慎重な仕入れをする事が売り上げを上昇させるポイントとなっています。
提供するお酒の種類の選択がもっとも難しいとされているのがカジュアルな雰囲気のお店です。
適度に盛り上がれる程のアルコール度数が高く、尚且つ軽めの料理にも合うような物が必要になってくるのでその居酒屋のセンスが問われるともいうべきポイントです。
なので蒸留酒の様なアルコール度数が高い物が適しておらず、パスタ等の軽めの食事にも合わないためあまりお勧めできません。
ただカジュアルでも少し大人の雰囲気を演出したいという場合にはカクテルの主材料として利用するのもお勧めですが、看板商品として宣伝しすぎる事はお勧めできません。
こういった理由から比較的アルコール度数が高い醸造タイプの物も二日酔いになる可能性が高いので、リピーターを獲得する意味でもお勧めできる品種ではありません。
一番お勧めできる品種は混成と呼ばれている種類で、日本では梅やまたたび等を漬けこんだ物が作られており一般的にも知れ渡っています。
特に混成タイプのリキュールはお菓子や料理等にも幅広く使われているので、軽めの食事を楽しめるカジュアルな居酒屋に最適な選択と言えます。
代表的な物としてはキュラソーやカシス、カカオやシャルトルーズやカンパリ等が挙げられるのでお客さんのリサーチを進めていく意味でもこれらの品種を提供してまずは様子を見る事をお勧めします。
またカジュアルな雰囲気を演出するならワインを提供するというのも良い選択です。
ワインは果実酒の代表格とも言える物なので、軽めの食事にも合う事が多く特にイタリア料理等には最適な選択なので仕入れの選択基準として考慮してみましょう。
特にスパークリングと呼ばれているタイプは、シャンパンという名前で日本国内に知れ渡っているカジュアルな雰囲気に合う物として有名なので提供するメニュー問わず人気メニューになる可能性が高いのです。
この様にお酒は提供するメニューは勿論お店の雰囲気に合った物を提供する事が重要なので、仕入れ品目は慎重に選択しましょう。
特にカジュアル視点のお店の場合は、提供するメニューと合わせないとリピーターを獲得する事が難しくなってくるのでより慎重な選択をしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です