女性がターゲットの飲食店で人気のお酒と仕入れ時のポイント

飲食店には必要な食材があり、お酒を提供しているお店であればお客のニーズに合わせて、必要なものを揃えることが大切になります。カジュアルな気軽に来店できる飲食店であれば、男性だけでなく女性も多く好みも色々と分かれてきます。そのためすべての人に満足してもらえるお酒を用意することは難しいですが、たいていの人は満足してもらえるものであれば、数種類集めれば好みに近いものもあり十分に楽しんでもらえます。
女性にお酒というとカクテル系のものが思い浮かべやすいですが、人の好みは色々なためビールや日本酒、ウィスキーなどのアルコール度の強いものを飲む人もいます。また、飲食店に来る人は女性だけでなく男性も来るので、ビールやワインなど基本的な種類のものを揃えておくと、お客さんの選択肢を増やすことができます。
お客さんに満足してもらえる仕入れのポイントは、たくさんの種類のものを用意することになりますが、たくさん用意しても人気のないものは減りが悪く、場合によっては状態が悪くなることもあるので気を付けなければいけません。そこでまず仕入れるものが、ビールやワイン、日本酒などの基本的なものを用意することになります。ビールであればメーカーによる好みはありますが、ビールが嫌いでない限り抵抗なく飲んでもらうことができます。ワインなどは産地や色などで味も変わりますが、有名な生産国のものを赤と白を揃えておくと無難です。
ウィスキーやウォッカ、ジンなどはカクテルを作るときに使用するので、カクテルに使う有名なものを用意しておくと便利です。そして女性にカクテルを作るときに重要になってくるものが、リキュール類になります。リキュールにはカシスやコーヒー、アマレットなどたくさんの種類があり選択肢に困ることになります。ここでポイントになるのが、女性にとって飲みやすいものが良いということです。コーヒーリキュールであれば、ミルクと割ることで口当たりがまろやかになり、飲みやすいので女性に人気のあるお酒といえます。また、カシスリキュールであれば、オレンジジュースと割ることでカシスオレンジになり、カシスの甘さと風味にオレンジの酸味を加えることができ非常に飲みやすくなります。
このようにカクテルを作る時には、お酒だけでなくジュースなどの飲料も必要になるので、ミルクや果実ジュース、炭酸飲料などを仕入れることが、お酒を提供することでのポイントでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です