飲み放題と仕入れの関係。失敗しないためには?

飲食店でよく見かけるものに、飲み放題や食べ放題があります。特に飲み放題は、友人同士や会社の飲み会などで頻繁に利用されており、通常、酒の種類と時間に制限はあるものの、その範囲内であれば何倍飲んでも飲み放題価格を上回ることはありません。
酒の飲み放題は、一見お得に感じられますが、利用する場合には仕組みを考えて選ぶ必要があり、この場合、仕入れの値段を知ることもポイントの1つとなります。
まず、値段を考慮する前に、まず、果たして1人あたりどのくらいの酒を飲むことができるのかという点があり、飲める許容を考えて注文をする必要があります。酒の場合には、ビールにしてもチューハイにしてもある程度の大きさのグラスで出されるために、多くは、2~3杯でお腹が膨れてしまうことになります。年齢層やビール好き、チューハイ好きなど、それぞれの嗜好の度合によっては料金以上に飲む人もいますが、通常、それほど杯数は伸びないことを理解しておく必要があります。
酒の飲み放題は、親睦会やパーティー、飲み会など、基本的にはコミュニケーションを図ることを目的とした場でよく利用されています。この場合、1人当たり4~5杯弱を目安とすれば、仮に500円計算で5杯では2,500円かかることになります。例えば、1,500円の飲み放題料金であれば十分に安い内容となり、お得感を味わうことができます。ただし、原価を考慮した場合には必ずしもお得にはならないことがあり、ここでは、原価率を把握する必要があります。1杯当たりの原価が200円とすれば、1,500円の場合には7.5杯飲んで初めてトントンとなり、それ以上飲むことで、やっとお得な内容になります。例えば、女性などで2杯しか飲まないようであれば、1杯500円の通常料金の方が安いことになります。仮に、お茶などのノンアルコールで杯数を増やしたとしても、その原価はアルコール飲料と違い非常に原価が安く、ここでのカバーは、まず、無理な内容となります。
実際の原価は、銘柄によって異なるものの、一般的には生ビールの中ジョッキでは150円程度とされています。仮に、値段を上記の1,500円に当てはめた場合には10杯以上飲んでお得となり、かなりのハードルとなります。また、チューハイやカクテルなどは30円程度の原価のものもあり、さらに元を取るハードルは上がることになります。
酒の飲み放題では、元を取れない可能性が高く、飲むメンバーや会合の種類などで臨機応変に判断をすることが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です