吟醸酒の特徴と仕入れの際のポイント

吟醸酒は精白度の高い米を使うことを基本にして、最高峰の醸造技術で作るために、香り高くて味わいも豊かな特徴を備えています。基本の原料になる米は、最初の段階では玄米の状態になっていますが、そのまま使う場合には雑味が残ることになります。徹底的に精白することによって、米の表面にあるタンパク質や脂肪分を除去して、デンプンを多くして雑味のない味に仕上げるのが特徴です。

吟醸酒の精米歩合は60パーセント以下になるのが基本ですが、大吟醸になると精米率はさらに高くなり、極端な場合には20パーセントを下回ることがあります。50パーセントの精米歩合は、半分は糠として除去していることを意味しています。米の中心部にある心白にはデンプンが豊富になっていることから、麹菌との馴染みが良いのが特徴です。良質な吟醸酒を作る場合には、心白の状態が優れている酒造好適米を使いながら、完全発酵によってアミノ酸をしっかりと使い切ることが大切です。良質な心白だけを残すために、かつては精米を専業として行う技術者が存在していたほどに重要な作業です。

吟醸酒を仕入れるときには、純米とアルコール添加の有無を確かめることもポイントになります。醪の中に含まれる香り成分は、絞った後には酒粕の中に残る分が多いのですが、アルコールを添加すると芳香成分が酒のほうに浸透していきます。しかしながら、極端に強い吟醸香が特徴になると、料理との相性が悪くなることがあるため、用途や客の好みに合わせて選びます。

完全発酵の品質にこだわりたい場合には、純米の吟醸酒を仕入れることもおすすめです。アルコールを添加すると、発酵は途中で止まることになるわけですが、最後まで発酵させると旨味と爽快感が特徴になる吟醸酒が完成します。寒仕込みをした酒は、夏場にしっかりと熟成させると、秋には最高の仕上がりになります。秋上がりした純米吟醸酒は、日本酒の最高峰と呼ぶにふさわしい逸品です。

仕入れのポイントとしては、蔵元と良好な関係を築くことも重要になります。また業務用食材の仕入れサイトを使うのもいいでしょう。 定期的に蔵元を訪問して、様々な情報交換を行うことで、清酒酵母などの特徴も把握できます。アルコール添加と純米の製法に大きく分かれますが、どちらも完璧に極めるためには高度な技術が必要です。純米であれば無条件で美味しいとは限りませんから、ときにはアルコール添加のほうが優秀なことがあります。精米歩合が30パーセントを下回ると、良質な吟醸酒を作るには特に高度な技術が必要になるため、蔵元の技術が発達途上にある場合には注意が必要です。

ビール・発泡酒の仕入れで大事なポイントとは

飲食店の仕入れで外せないアルコール類と言えば、ビールや発泡酒です。もしもこれらがお店に置いていなければ、お客様に怒られてしまうくらい、当たり前のものでしょう。ビールや発泡酒を仕入れる場合、ただオーナーや仕入れ担当が気に入っている銘柄のものをメニューに加えて取り扱うのではなく、提供している料理との相性やバランスを考えて、メニューに加えると良いでしょう。業務用アルコールの仕入れが得意な業者に相談するのも取り扱い数量が豊富でオススメです。
発泡酒の魅力と言えば、ビールよりも酒税が安いことから、その分低価格で提供することができます。また発泡酒は麦芽の香りが優しく、すっきりとした味わいが特徴になりますので、ビールのしっかりとした味わいとは違ったおすすめの仕方ができるのが特徴です。このようなメリットがあるため、一種類は発泡酒をドリンクメニューに加えておきたいところです。
そしてビールは、種類の多さがポイントになります。日本人は、あまりビールの種類の多さを知らないことがほとんどです。多くの人が、普段良く飲んでいる黄金色に輝くものと、黒ビールの2種類しかないと思ったいることでしょう。しかし、実際にはビールのスタイルには、100種類を超えるものが存在するのです。例えば日本人が普段飲み慣れている黄金色のものは、ピルスナーというスタイルになります。これは、下面発酵という低温で発酵させて短期間の熟成で出荷するものであるため、糖分も少なくすっきりとした、喉ごしの良いものに仕上がります。このような特徴があることから、飲むときの温度も低温に冷やすことで、よりすっきりした特徴を引き立てることができるのです。
それに対して、高温で時間をかけて熟成させたものが、エールと呼ばれるものになります。日本語で言うと、上面発酵です。日本でも良く見かける代表的なものに、バスペールエールがあります。聞いたことがある人も多いことでしょう。このスタイルのものは、高温で長期間熟成することで、エステルという化学物質が副産物として生まれてきます。このエステルは、とても良い芳香を発するもので、ボディもミディアム以上に仕上がるため、とても味わいが濃厚で奥深いものになります。またエールの中にも、さまざまなスタイルのものが存在します。例えば、ギネスという真っ黒いものも、スタウトというエールのスタイルのひとつになります。
このように、さまざまなスタイルが存在し、味わいや香りもそれぞれに特徴があります。その分、料理との相性もワインのように楽しむことができることから、提供している料理に合わせてドリンクメニューに加えると、お客様の楽しみの幅も広がり、満足感を高めることができるでしょう。

スペインバルで仕入れておきたいお酒

スペインバルの魅力を十分に伝えるためにはスペインの代表的なお酒の仕入れが重要です。まず、スペインバルで飲むお酒といえばワインを思い浮かべる人が多いでしょう。スペインは特に赤ワインが有名で、しっかりした飲みごたえが特徴です。スペインのワインは通常4つに分類されます。ヴィノ・デ・メサはいわゆるテーブルワインです。地域が限定されておらず、異なる地方で生産されたぶどうやワインをブレンドしたものです。カントリーワインと呼ばれています。ヴィノ・デ・ラ・ティエラは認定された地域で生産されたぶどうを60%以上使用して作られたワインです。デノミナシオン・デ・オリヘンは認可された品種のぶどうを原料とし、指定された地域で生産された高品質のワインです。そして、デナミナシオン・デ・オリヘン・カリフィカーダは様々な基準で最高ランクを保持する高級ワインです。ただ、スペインバルはカジュアルに楽しむ場所ですから、はじめの二つを主に仕入れておくといいかもしれません。
スペインを始め、外国のお酒の仕入れなら業務用の食材卸サイトが便利です。
また、ワインに関連して、夏場はフルーツが入って可愛らしいサングリアも特に日本では女性に人気のようです。テーブルワインにオレンジやりんごを入れて簡単に作れますし、季節のフルーツを入れてシーズンごとに変化をつけるのも楽しいです。すでに果汁が加えられ、サングリアとしてボトルで売られているものもあります。
もう一つ、スペインの代表的なお酒といえばシェリーです。シェリー酒はアルコール度は高いためリキュールと思われていたりしますが、白ワインの一種です。正式には酒精強化ワインと呼ばれるものです。大航海時代に世界に広まり、特にイギリスで人気を博しましたが、現在はスペインで生産されたものしかシェリーと名乗ることはできません。食前酒として飲まれることが多いです。アンダルシア州で生産されています。
それから、ワインの他になくてはならないものがビールです。現地ではスペインバルと同じくらい人が集まるのがセルべセリアと呼ばれるビアホールです。ビールはスペイン語でセルベサということも一緒に覚えておきたいものです。ラガーから黒ビールまで種類も豊富です。スペインのビールでよく知られているのがEstrella(エストレージャ)ではないでしょうか。Mahou(マオウ)や INEDIT(イネディット)も仕入れやすいかもしれません。
ビール、ワイン、シェリーを充実させておくとスペインバルの魅力を楽しんでもらうことができるでしょう。

飲み放題と仕入れの関係。失敗しないためには?

飲食店でよく見かけるものに、飲み放題や食べ放題があります。特に飲み放題は、友人同士や会社の飲み会などで頻繁に利用されており、通常、酒の種類と時間に制限はあるものの、その範囲内であれば何倍飲んでも飲み放題価格を上回ることはありません。
酒の飲み放題は、一見お得に感じられますが、利用する場合には仕組みを考えて選ぶ必要があり、この場合、仕入れの値段を知ることもポイントの1つとなります。
まず、値段を考慮する前に、まず、果たして1人あたりどのくらいの酒を飲むことができるのかという点があり、飲める許容を考えて注文をする必要があります。酒の場合には、ビールにしてもチューハイにしてもある程度の大きさのグラスで出されるために、多くは、2~3杯でお腹が膨れてしまうことになります。年齢層やビール好き、チューハイ好きなど、それぞれの嗜好の度合によっては料金以上に飲む人もいますが、通常、それほど杯数は伸びないことを理解しておく必要があります。
酒の飲み放題は、親睦会やパーティー、飲み会など、基本的にはコミュニケーションを図ることを目的とした場でよく利用されています。この場合、1人当たり4~5杯弱を目安とすれば、仮に500円計算で5杯では2,500円かかることになります。例えば、1,500円の飲み放題料金であれば十分に安い内容となり、お得感を味わうことができます。ただし、原価を考慮した場合には必ずしもお得にはならないことがあり、ここでは、原価率を把握する必要があります。1杯当たりの原価が200円とすれば、1,500円の場合には7.5杯飲んで初めてトントンとなり、それ以上飲むことで、やっとお得な内容になります。例えば、女性などで2杯しか飲まないようであれば、1杯500円の通常料金の方が安いことになります。仮に、お茶などのノンアルコールで杯数を増やしたとしても、その原価はアルコール飲料と違い非常に原価が安く、ここでのカバーは、まず、無理な内容となります。
実際の原価は、銘柄によって異なるものの、一般的には生ビールの中ジョッキでは150円程度とされています。仮に、値段を上記の1,500円に当てはめた場合には10杯以上飲んでお得となり、かなりのハードルとなります。また、チューハイやカクテルなどは30円程度の原価のものもあり、さらに元を取るハードルは上がることになります。
酒の飲み放題では、元を取れない可能性が高く、飲むメンバーや会合の種類などで臨機応変に判断をすることが必要になります。

女性がターゲットの飲食店で人気のお酒と仕入れ時のポイント

飲食店には必要な食材があり、お酒を提供しているお店であればお客のニーズに合わせて、必要なものを揃えることが大切になります。カジュアルな気軽に来店できる飲食店であれば、男性だけでなく女性も多く好みも色々と分かれてきます。そのためすべての人に満足してもらえるお酒を用意することは難しいですが、たいていの人は満足してもらえるものであれば、数種類集めれば好みに近いものもあり十分に楽しんでもらえます。
女性にお酒というとカクテル系のものが思い浮かべやすいですが、人の好みは色々なためビールや日本酒、ウィスキーなどのアルコール度の強いものを飲む人もいます。また、飲食店に来る人は女性だけでなく男性も来るので、ビールやワインなど基本的な種類のものを揃えておくと、お客さんの選択肢を増やすことができます。
お客さんに満足してもらえる仕入れのポイントは、たくさんの種類のものを用意することになりますが、たくさん用意しても人気のないものは減りが悪く、場合によっては状態が悪くなることもあるので気を付けなければいけません。そこでまず仕入れるものが、ビールやワイン、日本酒などの基本的なものを用意することになります。ビールであればメーカーによる好みはありますが、ビールが嫌いでない限り抵抗なく飲んでもらうことができます。ワインなどは産地や色などで味も変わりますが、有名な生産国のものを赤と白を揃えておくと無難です。
ウィスキーやウォッカ、ジンなどはカクテルを作るときに使用するので、カクテルに使う有名なものを用意しておくと便利です。そして女性にカクテルを作るときに重要になってくるものが、リキュール類になります。リキュールにはカシスやコーヒー、アマレットなどたくさんの種類があり選択肢に困ることになります。ここでポイントになるのが、女性にとって飲みやすいものが良いということです。コーヒーリキュールであれば、ミルクと割ることで口当たりがまろやかになり、飲みやすいので女性に人気のあるお酒といえます。また、カシスリキュールであれば、オレンジジュースと割ることでカシスオレンジになり、カシスの甘さと風味にオレンジの酸味を加えることができ非常に飲みやすくなります。
このようにカクテルを作る時には、お酒だけでなくジュースなどの飲料も必要になるので、ミルクや果実ジュース、炭酸飲料などを仕入れることが、お酒を提供することでのポイントでもあります。

カジュアルな居酒屋ではお酒にどのくらいこだわるべき?仕入れのポイントは?

友人や恋人との楽しい食事や、仕事等で取引相手と飲むお酒はその場を適度に盛り上げてくれるので欠かす事のできない飲み物として多くの方に人気になっています。
しかしその場の雰囲気や提供される料理によって最適なお酒も大きく変わって来るので、飲食店の方はより慎重な仕入れをする事が売り上げを上昇させるポイントとなっています。
提供するお酒の種類の選択がもっとも難しいとされているのがカジュアルな雰囲気のお店です。
適度に盛り上がれる程のアルコール度数が高く、尚且つ軽めの料理にも合うような物が必要になってくるのでその居酒屋のセンスが問われるともいうべきポイントです。
なので蒸留酒の様なアルコール度数が高い物が適しておらず、パスタ等の軽めの食事にも合わないためあまりお勧めできません。
ただカジュアルでも少し大人の雰囲気を演出したいという場合にはカクテルの主材料として利用するのもお勧めですが、看板商品として宣伝しすぎる事はお勧めできません。
こういった理由から比較的アルコール度数が高い醸造タイプの物も二日酔いになる可能性が高いので、リピーターを獲得する意味でもお勧めできる品種ではありません。
一番お勧めできる品種は混成と呼ばれている種類で、日本では梅やまたたび等を漬けこんだ物が作られており一般的にも知れ渡っています。
特に混成タイプのリキュールはお菓子や料理等にも幅広く使われているので、軽めの食事を楽しめるカジュアルな居酒屋に最適な選択と言えます。
代表的な物としてはキュラソーやカシス、カカオやシャルトルーズやカンパリ等が挙げられるのでお客さんのリサーチを進めていく意味でもこれらの品種を提供してまずは様子を見る事をお勧めします。
またカジュアルな雰囲気を演出するならワインを提供するというのも良い選択です。
ワインは果実酒の代表格とも言える物なので、軽めの食事にも合う事が多く特にイタリア料理等には最適な選択なので仕入れの選択基準として考慮してみましょう。
特にスパークリングと呼ばれているタイプは、シャンパンという名前で日本国内に知れ渡っているカジュアルな雰囲気に合う物として有名なので提供するメニュー問わず人気メニューになる可能性が高いのです。
この様にお酒は提供するメニューは勿論お店の雰囲気に合った物を提供する事が重要なので、仕入れ品目は慎重に選択しましょう。
特にカジュアル視点のお店の場合は、提供するメニューと合わせないとリピーターを獲得する事が難しくなってくるのでより慎重な選択をしなければなりません。

売上を上げるお酒の仕入れ方とは

飲食店において、売上げをいかにして上げていくかは永遠のテーマです。単純に売上げの構造を紐解くと、客数×客単価になります。つまり、客数を増やすことと、客単価を上げることが重要な要因となるわけです。
客数を増やすためには、いかにしてお店の魅力を作り出し、そしてお客様にアピールすることができるかが大事なことです。魅力と一言で言っても、さまざまあります。例えば、料理やお酒の美味しさもひとつです。料理はお店の看板になるわけですから、多くの人が食べたいと思う料理を開発して、技術力を上げて、提供しなくてはなりません。また、適温で提供したり、納得できる提供時間を守ることも大切です。そして、接客も重要な要因でしょう。お客様が満足できる接客は、お店の居心地の良さに直結します。居心地の良さは、空間作りも重要です。また、そこには清潔感も維持していかなくてはなりません。さらに、せっかく良いお店ができても、存在を知ったもらい、足を運んでもらう努力がなければ、お客様はいくら待っていても来店しません。アピールすることもポイントです。
さらに客単価を上げるためには、単純にメニューの価格を高くすれば良いという問題ではありません。いくら美味しい料理でも、対価として納得できる価格設定をしなければ、お客様は高額の金額を払いに来店することは、あまり見込めないでしょう。そこで重要なのが、何回もお代わりして注文してくれることが見込める、お酒の存在です。
例えば、ビールが好きな人は、一杯だけではなく何杯もお代わりして飲むことが多くあります。ビールはお酒の中で代表的な商品ですが、他にも魅力のあるお酒の種類を仕入れて、ドリンクメニューに加えることで、料理とお酒の両方を注文していただき、客単価を上げることが可能です。しかしここで注意しなくてはならないことは、お店のコンセプトに合うお酒を選択することです。
例えば、イタリア料理を掲げて営業しているにも関わらず、ワインよりも焼酎などの他のお酒の方がメニューに多くあるならば、お客様は何のお店か混乱してしまいますし、魅力作りが上手にできているとは言えません。日本酒を置いてはいけないわけではありませんが、バランスが重要です。また、料理と共に注文をしていただくためには、料理との相性やアピールが重要です。どの料理と合わせるかで、それぞれを単体で食するよりも、何杯も美味しさが膨れ上がります。このことをマリアージュと言いますが、POPを用意したり、従業員が上手におすすめすることで注文が増え、客単価が上がり、結果として売上げにつながるのです。
このように売上げを上げるためには、アルコールを上手に取り入れることがひとつの良い戦略となります。さらに、どのようにアピールするかで、さらに売上げに直結していくでしょう。

お店に合った赤ワインの選び方と仕入れる時のポイント

日本の国内でも美味しいワインは沢山出回るようになりました。
その数も年々増えて来ています。
各ワイナリーも独自の拘りを持ってぶどうの生産などを行っています。
国際的にも高い評価を得ることが出来ている程に美味しいワインが作られています。
とはいえ、やはり海外で作られている物は生産量も多く、各国の特徴を生かしたワイン作りが行われています。
ヨーロッパ方面では、気候も穏やかで、乾燥している地域も多いことから、ぶどうに渋みが出てきます。
この渋みを活かしたワイン作りが盛んにおこなわれているようです。
また、広大な土地を利用して大量に生産出来るといったメリットがあります。
太陽が照り付ける温暖な気候でも生産が行われています。
かなり赤色が濃く、味わいも濃いのが特徴です。
様々な種類のワイン、色々な料理に合うように提供されています。

お店に美味しい赤ワインを仕入れる場合のポイントとしては、お店で提供している雰囲気や料理に合っているのかどうかが大切です。
食材の仕入れサイトを参考にすると、ワインの知識も得られて便利です。
最近では、和食のお店でも赤ワインを提供するお店が増えてきました。
以前は赤ワインイコール赤みのお肉と合うといったイメージが強くありましたが、最近では、常識を覆すような創作料理を作るお店も増えて来ていることから、和食にも合う赤ワインを提供されることがあります。
和食に合う料理のポイントとしては、味わいがタンパクな物を選ぶのが良いでしょう。
和食の場合は、素材本来を活かした料理を提供する事が多い為、料理とワインが相互に引き立つような物を選ぶのが良いでしょう。
西洋料理を提供するお店の場合は、濃い味付けの料理を提供しているお店であれば、濃いめのワインを提供することで味にまとまりが出てきます。
或いは、ワインバーのように様々な種類を提供するお店の場合は、メインがワインになりますから、おつまみ程度の軽食を用意して、一つ一つのワインの味わいを楽しめるような物を仕入れるのがポイントになります。
ワインには、それぞれに地域によって特徴が異なります。
湿気が多いような日本で作られたワインの場合は甘味が出やすいのが特徴です。
様々なワインの特徴を味わえるように用意しておきましょう。

また、赤ワインはその繊細な味わいを楽しむものですから、仕入れの際には乱暴に扱かわないように注意しましょう。
いくらコルクで栓がしえあったとしても、あまり振られてしまうと味わいが変わってしまうこともあります。
大事に扱いましょう。

お店に合った白ワインの選び方と仕入れ時のポイント

白ワインの仕入れのポイントとしましては、そのお店にあったような白ワインを仕入れることが重要になってきます。お店の特徴や、雰囲気などに合わせていろいろな白ワインを入れるのも非常に良いです。お店の雰囲気の特徴としましては、賑やかであるのか静かであるのか、洋風であるのか和風であるのかいろいろな特徴から見て、どんな白ワインを入れたらいいのか確認しておく必要があります。例えば、洋服であれば洋酒を使ったワインなどを入れるといいです。お店の特徴によりましてそれぞれ入れるものが変わってきますが、専門店であればなあるならば全種類を入れても問題ないですし、それ以外のお店では、それぞれの特徴に合わせて白ワインを入れるのが一般的な構造となっています。年代物を入れるのも良いですが、ワインには高ければ良いというものではないのも事実です。いかに寝かしてあるのか、いかに長時間保存されているのか、また気候や温度や湿度などにも大きく火事場関係してきますので、保存状態が悪ければそれだけ美味しくないワインとなるのです。これらのことから、お値段がいくら高くても保存方法が悪ければ足場をしているのは確実であり、逆に安い値段であっても保存状態がよければ、それだけの国があり香りもいい匂いがしますので、口味も非常に良くて非常においしいワインとなっているのです。飲食店を経営されてる方については、やはりこういった点を重視してワインを入手することが重要になってきます。ワイン専門店で、いろいろなワインをおけるのであれば、良いのですが飲食店となりますと置く数が限られてしまいますので、数種類のワインしか置けなくなるのが現状です。そういったときにはやはり、保存状態や気候などをきちんと確認しどういった環境で保存されていたのかをしっかりと確認する必要があります。これによって、おいしいワインがお店におけるようになるのです。ワイン選びには、お値段ではなくやはり保存状態や保存方法気候等を重視し仕入れをするのが1番重要となってきますので、そういった事もきっちり確認し入れるのが良いです。アルコール専門の卸サイトなら、掘り出し物のワインが見つかるかもしれません。また、保存状態が悪くておいしくないワインを美味しくする方法としまして、購入後に家できちんとした環境を作り、そのワインに対してどういった環境がいいのかをしっかり調べて同じ状態にして寝かしておいておくのが良いです。またこれによって味が非常に大きく変わってきて美味しくなるのです。

ウィスキーの選び方、特徴と仕入れのコツ

近年の人気で生産量、消費量ともに増加傾向にあるウィスキーですが、いったい、種類は?それぞれの特徴は?また、仕入れる際のコツなどはないのか。それぞれについて紹介していきます。まずウィスキーとは大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を麦芽の酵素による糖化し、発酵させ、蒸留させた蒸留酒であり、広く世界で愛飲されているお酒です。産地、材料による種類分けがあり、前者の産地により種類分けした際は、スコットランドのスコッチ、アイルランドのアイリッシュ、アメリカのアメリカン、カナダのカナディアンが有名です。近年は日本のウィスキーも世界で評判になりつつあります。簡単な味の特徴ですが、燻製の香りが強いスコッチ、少しスコッチよりマイルドな味のアイリッシュ、アメリカンは軽くて飲みやすく、カナディアンウイスキーは香味の強さがあります。日本のウィスキーは日本の嗜好に合わせて軽い口当たりに仕上げられており、店に置くウィスキーを選ぶ際は日本のものを中心に、特徴のある海外のウイスキーをいくつか揃える方法が一般的です。次に後者の原料による種類分けですが、大きく分けて、大麦麦芽によるモルト、トウモロコシによるグレーン、モルトとグレーンをブレンドしたウィスキーがあります。モルトの中でも単一の蒸留所で作ったウィスキーだけを混ぜたものはシングルモルトと呼ばれており、各蒸留所の個性が強く出るため、好き嫌いがはっきり分かれてしまいます。値段も高価のため、店に置く際は十分に検討することを推奨します。またウィスキーにはストレート、ロック、水割り、ソーダ割りなど様々な種類の飲み方があり、特に水割りの際の割る水、ロックで飲む際の氷は味に直接影響を及ぼすため、重要なポイントとなりますので注意が必要です。次に仕入れのコツについてですが、確定申告や原価計算を考えれば一軒に絞る方が便利ですが、取り扱うお酒のラインナップが少なくなってしまいがちです。近くにある街の酒屋さんであれば、急な発注などにも迅速に対応してもらえるので、便利である一方、変わったお酒であったり、珍しいものは手に入りにくく、難しいところでもあります。そう言った時は、発注後届くまでに時間はかかってしまいますが、酒の仕入れが得意なインターネット通販などを利用し仕入れる方法もありますので、そちらを利用することをおすすめします。但し、送料の関係もあるので、なるべくまとめて発注することが重要です。どちらも一長一短な部分があるので、うまく組み合わせ利用することがコツになります。