ブランデーを仕入れる時に知っておきたい事

ブランデーを仕入れる際にチェックしたいポイントがいくつかあります。

まず、目的を明確にしなければなりません。
何故ブランデーを仕入れる必要があるのかです。
通常は、お客様へ提供する為に行うでしょう。
そうなった場合、お客様に喜んで貰う為にブランデーを仕入れるのです。
単純なことですが、お店を開く場合はこれが人気の鍵になります。
利益を追求していった場合、お客様が喜ぶ物とは程遠い物になってしまい兼ねないからです。
あくまでも、そのブランデーは美味しいのかをチェックした上で、本当に必要かどうかを判断しましょう。
美味しいとお客様が判断すれば、自然と人はその美味しさに惹かれてやってくることでしょう。

味わいをチェックしなければならないのは勿論のことですが、何処から輸入されたのかもきちんとチェックしておく必要があります。
拘りがある方の場合、何処から輸入された物なのか、何年物なのかといったうんちくを知りたがる方がいらっしゃいます。
このうんちくは、実際にブランデーを感じる味わいに変化をもたらす大事な物です。
飲み物に対する情報も味の決め手になりますから、可能であれば、飲み物としてだけでなく、提供したブランデーに関する情報を提供することによって、お客様はその味わいの感じ方が変わり、より一層美味しく召し上がって頂けます。
ブランデーの仕入れにはインターネット上の酒卸サイトも役に立ちます。

保存する場所もチェックしましょう。
ブランデーは基本的には腐る事はありません。
しかし、直射日光が当たるところに置いておけば、風味が悪くなるのは言うまでもありません。
また、一度開封してしまうと、どうしても空気に触れてしまい酸化が起こります。
そのことにより、味わいが変わってくることがありますので、保存場所には十分注意しましょう。

そして、どんな場所で提供するのかによって、一緒に味わう料理やチェイサーなどもチェックしておくと良いでしょう。
お酒と言うのは、気持ちの良い感覚にさせてくれるものです。
同じ場所にいながらも、お酒を入れた体で味わうことによって、味覚の変化や周りに対する思いが変わり、気分が変わってきます。
お酒がより美味しくなるような雰囲気にしてみたり、あまり良い過ぎないようにしておくことも大切です。
酩酊してしまうと、心地よさを通りこしてしまうことがあるからです。
そこでブランデーを飲んでみて、いかに楽しめるのか、美味しく頂けるのかをチェックしておきましょう。
美味しい時間を楽しめるような場所なのか、提供していけるかチェックしてましょう。

女性人気の高いお酒の特徴と仕入れのポイント

今や、飲み会と言えば女性ばかりの飲み会も多く、一昔前までの男性中心の飲み会から嗜好も変わりつつあります。特に、外食などでお金を多く使うのは女性である、とまで言われ、いかに女性客が喜んでくれるかを考えることが売り上げにつながるといっても過言ではありません。その社会の風潮のの中で、女性人気のお酒とは一体どんな特徴があるのでしょう。一つ目のポイントとして挙げられるのが、味で、とりわけ飲みやすいものが好まれる傾向にあります。近年、日本酒ブームの中で、うまく女性人気を獲得できているものは決まって飲みやすいものが多いと言えます。後味がスッキリで、フルーティーであったり、濁り酒でほのかな甘みを残していたり、微発泡性で飲みやすく仕上げていたりといったものが高い女性人気を獲得している要因であると考えられます。二つ目に挙げられるのが、その見た目の可愛さや美しさが考えられます。お店で飲む場合では、グラスで注文することが多いので、ボトルのデザインはあまりわかりません。しかし、家飲みで女子会が行われるケースも多く、可愛いボトルのデザインだったりするものが選ばれる傾向にあります。もちろん、そのようなデザインにするということは、メインターゲットを女性にしているということであり、味に関しても飲みやすいものが多く、受け入れられやすいものが多いと言えます。そして、最後が話題性です。女性人気が集まりやすいものの特徴として、誰かが飲んでいた、SNSなどでよく見かける、など話題性が高いものが選ばれる傾向があることは否めません。これらのポイントを踏まえて、女性人気のお酒の仕入れを行うことをおすすめします。特に、飲みやすさに関しては、非常に重要なポイントで、クセの強いものよりもスッキリ飲みやすいものが万人受けするため、失敗も少なくなります。さらに、コストパフォーマンスが高く、ボトルが可愛いものは女性人気を獲得しやすいため、ワインや日本酒さらにはビールに関しても、ボトルデザインは注意して見ておくとよいでしょう。そのデザインに関しても、女性の場合は流行に特に敏感です。可愛いものが好まれるのか、美しいモノが人気があるのか、SNSなどから、その情報の断片を拾い集め、仕入の参考にするのも一つ方法ではないでしょうか。仕入れをする人が男性の場合、特に女性の心をしっかり理解する必要がありますので、女性誌などに目を通すことも勉強になるのではないでしょうか。
お酒の仕入れサイトも参考にしてみてください。

マッコリの特徴と仕入れる時のポイント、注意点とは?

マッコリは韓国のお酒として知られており、韓国料理店や焼肉店、居酒屋に置いてあることが多いお酒です。まず、そんなマッコリの特徴をご紹介します。
このお酒の特徴はまず、その独特のテイストです。お米を発酵させて作られているので、酸味と僅かな炭酸発泡があります。そのため好き嫌いの分かれるお酒で、好きな人は韓国料理はもちろん、様々な料理に合わせて飲みますが、嫌いな人は全く受け付けません。そしてこのお酒の特徴は美容と健康に良いということです。実はマッコリには植物性乳酸菌が豊富に含まれており、その量は乳酸菌食品として知られるヨーグルトよりも多く含まれています。さらに他のお酒と比べて繊維質も豊富です。そのため腸内環境を整える効果があります。腸内環境が整うと便秘を改善するだけでなく、肌代謝も高めることができるので美肌効果を高めることができます。また、マッコリには乳酸菌だけでなく、肌代謝を整えることができるタンパク質やビタミンも含まれています。また、シミやソバカスを予防・改善する乳酸、リンゴ酸、酒石酸なども含まれています。そのため美白効果があるのです。しかもこのお酒はアルコール度数は6%から8%とそんなに高くなく、しかも低カロリーです。そのカロリーは100mlで46kcal程度とビールと同程度です。これは焼酎やワインと比べるとはるかに低カロリーです。また、元々酸味があり、乳酸系のテイストなのでベリーやマンゴーなどのフルーツを加えることにより飲みやすいフルーツマッコリにしやすいという特徴もあります。
このような特徴があるお酒ですが、仕入れの際には注意が必要です。前述したように味の好き嫌いがハッキリしているお酒です。そのため一気に大量に仕入れても消費しきれない可能性があります。特に生マッコリは消費期限が早い上に、通常のマッコリでも未開封のまま長期間経ってしまうと、発酵が進んで酸味と炭酸が強くなり、味が劣化してしまう場合があります。そのため、量や賞味期限には注意をすることが仕入れ時のポイントです。
マッコリの仕入れも食材・飲料の卸サイトが便利です。
このようにマッコリは韓国料理に合う、健康と美容効果の高いお酒です。また、その効果や酸味のあるテイストから女性に人気のあるお酒ですが、その独特のテイストから好き嫌いが分かれます。そのため大量に購入しすぎると消費しきらないうちに賞味期限がすぎてしまう可能性があります。そのため、需要と供給をよく考慮した上で購入することをおすすめします。

知っておきたいシャンパン豆知識と仕入れのポイント

シャンパンはお祝い事やパーティには欠かせないアイテムのひとつであることはもちろん知られていますが、希少価値が高いということもありプレゼントには最適の品です。そもそもシャンパンと言うのはシャンパーニュ地方の一定の条件を満たしたスパークリングのことですが、日本は輸出先として世界第5位と上位であり、とても愛されている飲み物です。お祝いの席で振舞われるようになった由来はフランス古来の式典にあります。シャンパンの中に立ち上がる泡の様子が優雅で豪華だとフランスを中心に人気が広まり、貴族などの富裕層には定番のドリンクとなりました。そこから長い年月を重ね、祝い事や特別なギフトにはシャンパンと言うのが世界共通の認識になったと言われています。基本的な豆知識として、シャンパンを楽しむ際に使われるフルート型の細長いグラスについてですが、これは見た目からも楽しめるように泡を美しく見せるための形状になっています。ちなみに、このグラスの正しい持ち方は、手から伝わる体温により泡が立ちやすくなるのを防ぐため、一般的にボウルではなくステム(細い部分)を持つことがマナーとされています。一説によると、グラスに注いだ時に泡が次々と湧き立ちパチパチと音を鳴らし、それがまるで拍手のように聞こえるために、お祝いごとによく用いられるようになったとか。これもまた豆知識としても使える言い伝えですね。ただ味が美味しいだけでなく、こういった豆知識がまつわることで長年に渡り人気があるとも言えます。また、こんなロマンチックな豆知識もあります。シャンパンの液面の泡は周りを囲むように6つの泡と接しています。ひとつの泡がはじけ、空洞が出来た瞬間に空洞の中央に向かい周りの泡が引っ張られ花に似た形になります。それはまるでに一輪の花が浮かんでいるようにも見え、フランスでは花を飲むと表現したりもするそうです。そしてその花を一緒に見ることができたカップルは幸せになるんだとか。これら色々な豆知識を身に着けておくこともシャンパンをより楽しむポイントですね。ひとくちにシャンパンと言っても市場には沢山の銘柄が出回っています。
酒の卸サイトは種類も豊富で見ていて楽しいですよ。貰って嬉しい高価で有名ブランドの物から普段のちょっとした贅沢やご自宅でのディナーにも使えるリーズナブルな物、ボトルデザインに凝った珍しい物や限定品まで様々です。飲む人によって好みは好き好きですので種類豊富に仕入れることができれば一番良いでしょう。品揃えが豊富であることと安価で手に入ることにポイントを絞り、仕入れ先を探しましょう。

果実酒の種類・特徴と仕入れの時に考えておきたい事

果実酒の種類は原料の果物によって変わる性質があり、ブドウを原料にするものではワインが代表的です。米や麦を原料にする醸造酒は最初の段階ではデンプンを糖化させる必要がありますが、ワインの場合には製法が違います。ブドウには果糖が含まれることから、最初から糖化をする必要がなく、直接に酵母を働かせてアルコール発酵を行うのが特徴となります。並行複発酵の清酒と比較してもシンプルな方法ですが、単純なために原料のブドウの違いによって品質には大きな差が生じることになります。

果実酒の味の特徴としては、第一には酸味がしっかりしている点を挙げることができます。酒石酸やクエン酸などの有機酸によるもので、原料となる果実に最初から含まれている成分でもあります。この酸味があることで、食前に飲めば食欲を刺激することができます。甘口で適度な酸味がある果実酒は食前酒としては最適ですが、ビールと同様に辛口の種類もありますので、両方の種類を仕入れることが大切です。

ブドウを使った果実酒はワインと呼ばれていますが、リンゴの場合にはシードルという名前に変わります。シードルには発泡性と非発泡性の2種類がありますが、これはワインの種類と同様です。シードルも酵母が果糖を利用して、アルコールを生産することで作られる果実酒です。リンゴの果実酒を蒸留したものはカルヴァドスと呼ばれるブランデーですが、味わいには大きな変化が生まれています。シードルを仕入れるときには、合わせる料理との相性を考えて、甘口から辛口の種類を考えておきましょう。中間的な酒質になっていれば、料理の味わいに大きな変化を与えることがないため、メインとして取り揃えておくと役立ちます。
ワインの仕入れもネットで行うのがオススメです。

果実を焼酎甲類などの蒸留酒に漬け込んだ酒についても、広義の意味で果実酒と呼ばれることがあります。ワインやシードルは果糖を基礎にしてアルコール発酵をして作りましたが、アルコールが40度前後の酒に漬け込む場合には全く違った状態になります。この場合にはアルコール発酵が進むことがなく、酒の中に果実の甘味や酸味が移って美味しくなる仕組みです。糖分がない蒸留酒に漬け込むために、そのままの状態では極端な辛口になりますので、梅酒や杏露酒などは氷砂糖や蜂蜜などで甘味を補うことが普通です。このことから、ホワイトリカーに漬け込んだ果実酒は甘味が強いものが多く、食中酒よりは食前酒のほうが適している場合が多いのですが、ソーダ水で割る場合には淡麗な味に仕上げることも可能です。

中国酒の特徴と選び方、仕入れる時にチェックすべき事

広い広い中国ですから、中国酒と言っても特徴を一言では言い表せません。米や小麦の穀類からブドウ・リンゴなど果実類といった原料や麹の種類・醸造法によってその見た目や味わいは無限大、とはいえ、主力となるのは黄酒・白酒・果酒でしょう。

中国酒として最も古いのは黄酒です。米を使ったもので、長期熟成されたものは老酒と呼ばれます。日本でいう清酒のようなものです。紹興酒などが有名です。
白酒は中国酒の中でも種類が多く、無色透明なのが特徴です。穀類で作られる中国酒です。
果物を原料として作るのが特徴の中国酒・果酒はいずれも甘口でアルコール度数も低く食前酒などとして用いられることが多いのが特徴です。中国でも赤ワインや白ワインなども存在するのです。また、キンモクセイを漬け込んだ桂花陳酒なども有名です。
その他にも日本同様にビールもありますし、ブランデーやウイスキー・リキュールなど中国産の外来酒も出回っています。こちらは製造されている種類は少ないものの、中にはレベルの高いものもあります。
非常に多くの種類がありますが、それぞれの特徴を知っていればどういった場面でどのお酒を選べばよいかわかるでしょう。

中国酒にかぎらず、中国のものを仕入れる際にチェックしなければならないのが不良品。日本とは不良品の概念が異なり、ちょっと機能が使えない・ちょっと瓶が汚れているという程度であれば、中国人の感覚では不良品とはみなされないのです。もちろん、日本に持ち帰ってその商品を販売するとなると、そういったものはすべて不良品として破棄しなければならなくなります。無駄を作らないためにも自分自身でしっかり目視して確認してから仕入れなければならないでしょう。
安心安全な中国酒の仕入れには専門のサイトを使うと安心です。

サンプル品との微妙な違いも中国人はスルーしてしまいます。大体合っていればよいという感覚です。日本人とは根本的な考え方の違いがあるのです。その点を知っておかないと必ずと言ってよいほど失敗します。

時間にもルーズです。日本に近い国とはいえ、そう何度も行き来するわけにはいかない以上は納期についてもしっかりとしつこいくらいに確認しておく必要があります。口約束程度ではすぐに忘れられてしまいます。それほど重要に受け止めてくれません。

せっかくの中国酒、手に入れるためには中国人の国民性を理解した上で、良い品を手に入れられるようチェックは万全に、しつこいくらいに交渉していかなければならないというのが特徴です。

寿司屋で置いておきたいお酒と仕入れ時のポイント

寿司はご飯と魚を組み合わせた日本料理であり、代表的なものに握り寿司がありますが、そのほかにも海苔巻きや手巻きなど様々な形態のものがあります。弁当などにする場合には、生魚を利用しない押し寿司や巻物系、いなりなどにすることもあります。
これらはそのまま食べても美味しいですし、お吸い物や味噌汁などと一緒に食べても美味しいものですが、お酒と一緒に食べても美味しいものになります。しかしここで注意しなければいけないことが、お酒の種類になります。寿司は、酢飯と魚などの種の絶妙な組み合わせで繊細な味になります。そのため、その繊細な味を損なわないようなお酒を仕入れることがポイントになります。
寿司と言われると日本酒を思い浮かべることが多いですが、すべての日本酒が合うわけではありません。合うものを探すとなると銘柄で探そうとすることが多くなりますが、銘柄ではなく造りで探すようにしましょう。造りには本醸造や純米、吟醸などのといった作るときに使用する原料や精米歩合、香味などの条件によって分けられています。たいていの場合は醤油をつけて食べることが多くなり、醤油との相性が重要になってきます。このとき吟醸なの線の細いものは相性が悪く、本醸造の方が無難と言われています。そのため、合わせる場合には本醸造という条件で銘柄を探す方が探しやすくなります。
また、ワインも意外と合う組み合わせになります。しかし、赤ワインのように渋みがあるものより白ワインのような淡白な味わいのものの方がぴったりです。その際は、癖が少ないものを選ぶようにしましょう。ワイン以外にも焼酎も寿司とは合うものになりますが、注意が必要です。焼酎には米に麦、芋などといろいろな原料で作ることができますが、原料によっては癖が強すぎるものがあります。癖が強いものの代表的なものが芋焼酎になりますが、独特の匂いがし寿司の繊細な味わいを損ねることになります。そのため、焼酎を選ぶ際には芋は避けるようにし、米焼酎を選ぶようにしましょう。米焼酎であれば酢飯の米と通じるものがあるので、変に反発することはありません。
このように様々なお酒と合うものになりますが、重要ことはどれだけ味を損なわないかということになります。新鮮なネタや旬のネタなど、繊細な味を楽しむことが重要です。仕入れる際にはそのようなポイントを踏まえ、アルコール度もそれほど高くないものを選ぶと、舌への影響も少なくなります。

変わり種焼酎の種類と特徴、仕入れ時のポイント

近年は二日酔いにもなりにくく、健康にも優れているとして焼酎を愛好される方も多くおり、居酒屋や家庭でも多くの方に飲まれているアルコールの一種です。スーパーやドラッグストアでも焼酎人気もあるため、その販売面積を拡張しているケースもあります。
そして焼酎は麦や米、芋などを原料とすることが多いですが、変わり種焼酎も見られ、この変わり種焼酎の特徴は原料が従来とは違ったものを使用して蒸留されている焼酎のことを言います。例えば、しそ・牛乳・かぼちゃ・わかめを始め、ニンジン・よもぎ・しいたけ・ごま・ごぼうなど食材として馴染みが深い野菜や穀物類をベースにして蒸留され製造されています。
従来の焼酎は、小麦・さつま芋を原料としますが、その常識を覆した形での焼酎が誕生しているのが大きな特徴となります。特に地元で栽培されている野菜、採れる野菜などの密着した食材を原料とすることが可能で、その野菜などの含まれている栄養分を摂取できるため、人気も徐々に出ています。
人気のある焼酎銘柄の仕入れはネットが便利です
例えば変わり種焼酎の特徴は、健康にも優れた成分が配合されていることであり、しそ焼酎は注目される焼酎の一つです。その製法には赤紫蘇を用いており、赤紫蘇には食欲増進、発汗作用、美肌や抗ガン効果などもあり、様々と存在します。
北海道と福岡の地域にも見られ、健康にも優れ紫蘇の独特の良好な香りがあることで親しまれています。他の健康にも優れた変わり種焼酎には、牛乳焼酎も見られ、牛乳と温泉水、米などを混ぜて製造されている焼酎です。
この牛乳焼酎もカルシウム分やミネラル分も豊富で、ミルクの味わいがフルーティーとしての飲みやすさがあり、骨粗しょう症に悩む女性にも優れた飲み物です。また牛乳焼酎は飲むだけでなく、顔に塗布したり、筋肉痛がある場所などに塗布すると優れているとされます。
さらに変わり種焼酎には、セサミンが豊富なゴマ、食物繊維が豊富で便通改善効果が高いごぼう、リコピンが豊富なトマトまで存在しています。変わり種焼酎の特徴は原料が様々となるので、飲み比べをすることができることで銘柄に飽きた場合でも次から次へと種類を楽しめる特徴を持っています。
仕入れのポイントとしては、地域によって変わり種の種類が違ってくることで、特産品として有名な県には必ず変わり種焼酎があるため、そこで仕入れるのが大きなポイントとなります。焼酎は強い殺菌力を持っているため、賞味期限自体が存在しないため開封しなければ長持ちしますが、それでも瓶なら2年を目安に飲むと良いです。
仕入れのポイントには変わり種焼酎なら製造月日が新しいものを選択して、開封したら早めに飲み切ることが大切となります。

テキーラの種類と特徴、仕入れのコツとは?

テキーラとは蒸留酒ですが、他の蒸留酒と比べるとその立ち位置は少々複雑です。
メキシコを中心とした乾燥した気候に生息している「竜舌蘭」と呼ばれる植物を原料につくられる醸造酒を「プルケ」といいますが、このプルケをさらに蒸留させたものを「メスカル」と言います。そしてそのメスカルのなかで「竜舌蘭」という植物の品種の一つである「アガペ・アスール・テキラーナ」を材料である事と製造された場所がテキーラ地区である事を満たしている蒸留酒が「テキーラ」と呼ばれるのです。原産地でなければ蒸留酒の名前を呼ばれない事は最大の特徴と言えます。この点は徹底しており、CRTと呼ばれるテキーラ規制委員会が設けた基準をクリアしなければならないほどです。なお製造が許されている蒸留所には4ケタの番号が与えられており、テキーラが入っている瓶には必ずその4ケタの番号が記されています。ちなみに「竜舌蘭」とは多肉植物で、数十年に一度しか花を咲かせない特徴を持っています。
他にもテキーラの特徴は身近なところであります。
それは度数が高い割に二日酔いになるケースが少ない事です。平均で33%から55%の度数を誇っていますが、その反面、混ぜ物が少ない特徴があります。そのおかげで「二日酔いをあまり引き起こさない」と評判を呼んでおり、外国の有名人たちが注目している事もあって日本でも愛用する人が続出しています。それからカクテルのベースになる事も多いため、女性からの人気も集めています。
そんなテキーラの種類はブランドによって様々ありますが、基本的には2種類に分けられます。
1つは混ぜ物が全くないアガペ100%のもの、もう1つがアガペと砂糖を中心とした副材料を配合して発酵させたものです。一見すると違いがないように見えますが、間違えないようにアガペが100%のものにはラベルに「100%」と記されているので問題ありません。世界的な流通で見れば前者が最も多く扱われていますが、日本では後者が主に販売されています。
以上が基本的な種類ですが、さらに熟成の段階で種類を分ける事ができます。
その段階は大まかに分けて4つ。まず1段階目が製造後すぐに出荷されるものです。これは「ブランコ」や「シルバー」と呼ばれています。次の2段階目は2ヶ月から1年未満熟成させたもので、「レポサド」と言います。それから3段階目となる1年以上熟成させたものは「アネホ」、この段階になると樽の香りがついて風味を楽しめます。そして4段階目が「「エクストラアネホ」、3年以上熟成させたものです。この種類もまたテキーラの特徴と言えます。
このようにクセがある蒸留酒を仕入れするコツは通販に頼るよりも、店舗に赴いて試飲する事です。
ネットの仕入れサイトなら様々な種類のテキーラが手に入ると思います。
アガペ100%のものを購入してカクテルを楽しむ等様々な用途に使うこともこの蒸留酒との付き合い方ですが、まずは自分に合ったものを見つける事がコツと言えます。

個人の居酒屋で仕入れておきたいお酒

個人店の居酒屋に関して、居酒屋を経営していますとやはり絶対必要不可欠となりますのが、お酒になります。これらを数多く置いておくほどお客様にも人気が出てきて、いろいろなお酒を飲むお客様に対しては非常に心地よいものです。個人店におきまして、お酒の仕入れの特徴としましては、お店の希望や雰囲気などによって決めなければならないのです。にぎやかにたくさん来るお客様が、どういったお酒が好きなのかをきちんと確認しておくのも重要になってきます。ときには、時鮭を置いておくのも良いですが、やはりお客様の中には個人店で営業しておりますので、珍しいお酒を求めてくる人もいます。珍しいものを入れておけばお客様にも人気が集まりますので、非常に良い雰囲気になりますまた、滅多に入らない高級なものも入れておくのも重要になってきます。他店ではできないよな、個人店でしかできないようなことをするのが1番重要なことだと言うことが事実であります。個人店でこういったことをしていますと、お客様にも評判がつまり新規顧客が取れるようになるのも事実であります。だからといってここで注意をしなければならないことがあります。そのポイントとしましては、良いものばかりを入れても、そのうちお客様が飽きてしまう可能性がありますので、定期的に入れることが重要になってくるのです。常に置いてやると、お客様も毎日飲み疲れてしまう可能性もありますので、やはり入れ替えをし、入試をすることが重要になってくるのです。常連客のお客様には、やはり自分が好きなものがありますのでそういったものを楽しみながら、ときには違った高級なものを飲みながら楽しむのが一般的な流れとなっています。新しいお客様には、やはりオススメ程度でのご紹介をすることが1番良いのです。新規お客様までこういったものにはまってしまいますと、そこの店は非常に多くのお客様の情報が流れ、お客様だらけになってしまい非常に大変なことになるので注意が必要になってきます。むやみやたらにおかないことも重要でありますが、常連客やそういったお客様のためにも、定期的に入れるのがやはり1番良いのです。また、毎回同じものではなく時には違った種類のものを入れるとやはりお客様にとっても、非常に関心が出てきますのでそういったようなことを行いながら営業していくのが1番いいです。食材の仕入れサイトはお酒の取り扱い数量も豊富です。最近に起きましては、こういったお店も増えてきておりますのでそういった情報も入手した方が良いです。