中華料理屋で仕入れておきたいお酒

中華料理屋で定番のお酒と言えば、紹興酒がその代表となるでしょう。紹興酒はもともと中国で作られているお酒のため、中華料理との相性も間違いなく良いのです。そのため、ほとんどの中華料理屋が紹興酒を仕入れて、提供しています。なぜ紹興酒が中華料理と相性が良いかというと、濃い味付けと油分の多さに適しているからです。独特で芳醇な香りと深い味わいが、濃い目の味付けにマッチするのです。そんな紹興酒の特徴とは、アミノ酸の豊富さにあります。人間はアミノ酸が必要な栄養成分ですが、中には人体の中で作り出すことができないアミノ酸が存在します。そんな必須アミノ酸は、食物などから補給することが必要となるのですが、紹興酒には、そのほとんどが含まれているのです。そのため、健康にとってもとても良いと言えます。
しかし最近の中華料理は、以前とは違い、油分をあまり感じさせず、食材本来の味わいを楽しめる、優しい味わいに仕上げたお店も多くなってきています。その理由は、食材の質が以前と比べて、格段に良くなっていることにあります。そもそも中華料理が油が多く、濃い味付けになった背景には、食材の風味を殺すことが目的として確立した技術であることがあります。昔の中国では、あまり新鮮で美味しい食材が手に入りませんでした。そのため、食肉類や海鮮類などは生臭かったり、味わいがあまり良くなかったりしました。その臭みや味の悪さをカバーして、美味しく食べられるように濃い味付けになったのです。
しかし、現在の日本では、とても質の良い食材が手に入ります。お店でも、より良いものをお客様に提供するために、食材にこだわりを持っていることが多くなっています。食材の仕入れサイトなら、紹興酒以外にもワインやその他のお酒の仕入れも楽チンです。このような中華料理屋におすすめなのが、ワインです。ワインの基本は、料理とのマリアージュにあります。素材や味付けにあったワインと、料理を合わせたときには、単体で飲んだり食べたりした時よりも、何倍も美味しさを楽しむことができます。そして、そんな組み合わせを探すことも楽しみのひとつとなるのです。
特に素材を重視した中華料理とワインの組み合わせは、格別のマリアージュです。代表的なのは、スパークリングワインや白ワインには、シュウマイやエビ餃子などの点心が良く合います。また、オイスターソースなどで濃い目に味付けをした牛肉料理などは、濃厚で熟成された赤ワインが最高のパートナーとなります。食材にオーガニックのものを取り入れているのであれば、自然派ワインがとても良く合うでしょう。

和食店で仕入れておきたいお酒の種類と特徴

和食店でまず仕入れておきたいものと言えば、やはり日本酒です。和食は刺身などの冷たい料理や煮物や焼き物といった温かい料理、鍋物といった熱い料理など様々な温度の料理があります。しかし、日本酒は冷や、常温、熱燗と料理に合わせ温度を変えられるので温度幅の大きい和食に合わせやすいのです。また、和食にはよく日本酒やみりんを調味料として使います。そのため同種の日本酒と合いやすく、料理の味を損なわずに活かす食べ方ができるのです。そんな日本酒の特徴は魚特有の臭みを消すことができるという点です。和食といえば、魚介料理が多いですが日本酒にはその臭みを消す効果があります。そのため、刺身や和え物に合うのです。また、和食はさっぱりとした味付けのものから、ご飯に合うこってりとした味付けのものまでありますが、そのどれもに合わせて飲むことができます。また、わさびやからし、山椒など和風の香辛料にもよく合うという特徴があります。そのため、日本料理には欠かせないのです。
では、どういった種類を仕入れて置いた方がいいかというと、甘口、辛口、大吟醸、発泡など一通り揃えておくことをおすすめします。ネットの仕入れサイトなら豊富な日本酒の味が揃っています。甘口はフルーティな甘さがあり、若い方や女性に好まれやすいという特徴があります。料理としては淡白な味付けのものによく合います。そしてどんな和食にも合うのが辛口です。キリッとした後味があるので魚料理の後に食べると、魚臭さを消してさっぱりさせることができます。また、煮付けなどの濃い味もさっぱりさせるので、箸が進みやすいのです。また、大吟醸は飲み始めはフルーティで後味はキリッとするので誰でも飲みやすく、人気です。さらに最近、女性に人気があるのが発泡タイプです。爽やかさがあり、スパークリングワインのような感覚で飲めるので日本酒に馴染みがない方でも飲みやすくなっています。また、熱い鍋物の季節にはコクのある濁り酒なども仕入れておくといいです。
このように和食には様々な味付けや温度の料理があります。そのため、それぞれに合うよう様々な種類のものを添えておくことをおすすめします。暑い季節には冷やで美味しく飲める辛口や発泡の種類を多く用意し、寒い季節には温かい料理や鍋物に合う甘口や熱燗で美味しく飲めるタイプを揃えておくことをおすすめします。すると季節に応じた旬の料理に合わせやすく、お客様に美味しく楽しんでもらえます。定番とシーズン毎に種類を入れ替えるものを揃えておくと、お客様がリピートしやすいです。

魚料理におすすめなお酒と仕入れの際のコツ

1番いいです。冬になりますと、お客様の中には、骨酒といったものを飲む人もいますのでやはりそういったものができるものを仕入れを行った方が1番良いのです。これらに1番適している魚料理としましては、やはり川魚になります。これらは、最後にお酒に入れたりすることも可能になっていますのでそういったところを注目するのが1番良いのです。またその他にも海のお魚を食べる人もいますので、そういった魚料理にはやっぱりそういったお酒を入手することが重要になってきます。そういったことをきちんとを確認するには、やっぱりお客様の意見をしっかりと聞き、お客様のニーズに合わした魚料理やお酒を出すことが1番重要になってくるのです。そういったことをするために、お店に来たお客様にアンケートなどを取り、どういった魚料理やお酒がいいのかそういうことをきちんと確認しておく必要があります。また別の方法としましては、自ら他店駅お魚料理のお店を探しそういったところにはどういったものが置いてあるのか確認することも重要になってきます。また、家族がいるのであれば家族の人と一緒に夕食をそういった料理を楽しみながらどういったものが1番お客様に喜んでもらえるのか確認することをも重要になってきます。それ以外の方法としましては、試食会等を開き、そういった料理を出してからお客様に食べていただき、その中でアンケートをとりその料理に対してどうだったのか、何がからなかったのかそういった意見を聞くのも1つの手でありますので、そういったイベントなどを独自で開催することも重要になってきます。こういったことをきちんとを一つ一つ確認し皆様のお声の中から、どういった料理やお酒を出せばいいのかきちんとを確認しておき、それに合わせたものを提供することが1番重要になってくるのです。今回はこれで良かったかもしれないけど、次回はまた変わるかもしれませんのでそういったときには、また同じような事を開催し調査士しっかり頭を一つ一つメニューを作っていくことが1番重要になってくるのです。また、時期におきましては旬の料理を出すのも1つの手であり、それに合わした旬のお酒を提供するのも1つの手ではあります。これらに起きましてはその時その時しかできませんが、その時期にならないと食べられないものが多いのでお客様にとっても非常に人気が集まる逸品となっています。

肉料理におすすめなお酒と仕入れの際のコツ

一般的に肉料理に合うとされる酒類は、赤ワインとビールです。赤ワインは洋食の肉料理で用いられることが多く、ステーキと共に出てきたという経験をしたことがある人は少なくないと思います。

ワインは赤と白が最も取り入れられることが多いワインの種類で、赤は肉・白は魚に合うイメージが世界的に広まっています。洋食の魚料理(ムニエルなど)は白身魚を使うことが多く、肉料理に使う肉は赤みを帯びていることが多いため、魚料理には白ワインで肉料理には赤ワインになっているのではないかといった説もあります。それでも好みがあるので、肉料理に白ワインを合わせる人もいます。

ビールも肉というイメージが強く、日本では焼き肉店や焼き鳥店でよく飲まれているお酒です。ビールが肉に合うといわれている理由は肉の脂っぽい感じを取ってくれるからで、ビールにある炭酸感が脂っぽさを排除してくれるから肉料理と一緒にビールを飲むという意見が多く挙げられています。ビールにも種類があるので、種類によっては肉の味に負けないから肉にビールという意見もあります。

近年になってからの話ですが、焼き肉店ではジントニックを用いるお店も増えているようです。始めのきっかけはジンと肉(ジントニク)という言葉遊びでしたが、ジントニックの味や口当たりは焼肉に合わないことはなく、むしろ合う方の感じがあるため、現在に至ってはジントニックを取り扱っている焼き肉店が多いです。

赤ワイン・ビール・ジントニックの全てを仕入れても良いのですが、肉料理といってもステーキ・ハンバーグ・焼肉・焼き鳥などいろいろあります。お店で使う場合はお店の料理に合ったものを選ぶことが望ましいです。

選び方のコツとしては、その料理の脂っぽさを解消させる又は合う口当たりであること・料理の味に合うこと又は味を害さないこと・実際に飲んでみることです。文字だけの知識で肉類にはこのお酒といった情報はたくさんありますが実際に飲んでみないと分からないことなので、お店の料理とお酒を一緒に飲食してみてどうかが大事だと思います。

もし、お酒が飲めないとかお酒について判断できる自信がない場合は、専門店に赴いて直接質問や相談をしてみると良いです。最近のお酒専門店の店主さんは、このお料理にはこれが合うといった研究を熱心に行っている人もいるので、本気で合うものを仕入れたいと考えているなら熱心な店主さんのいる専門店で選ぶことをおすすめします。

ラーメン屋にもお酒は必要?仕入れのポイントとは

飲食店ではドリンク類は食事を楽しむうえでも、とても大切なものになります。そのようなドリンク類にはお酒もあり、料理にあうものを出すことで、よりおいしく飲食することができるなど重要なポジションを担っています。飲食店にはレストランや喫茶店などがありますが、ラーメン屋などもあり専門的な料理を提供しているお店もあります。そのような専門的な料理を提供しているお店では、余分なものは提供しないところもありますが、それでもお酒は大切なものになります。
ラーメン屋などは昼食で食べに行くこともありますが、仕事終わりなど夜に食べに行くこともあります。その際には、一人で行ったり同僚や友人などと食べに行ったりすることになりますが、その時にお酒は重要になってきます。ラーメンは食事として摂るものですが、食事は楽しく摂ることが大切であり、ラーメンを食べるときも同じことが言えます。そのためには、ラーメンが美味しいことは当然ですが、つまみやお酒があることも気分転換には重要なものになります。
一人で食べに行くのであれば気分転換にお酒を飲むこともあり、同僚や友人などと食べに行くのであれば会話を弾ませるためにも必要になります。食事は会話をしながら食べるのも美味しくいただくためにも必要で、楽しい食事をすることができます。
そこで注しなければいけないことが、仕入れる際のポイントになります。ラーメン屋はお客の回転が良い方が売り上げにつながるので、長居はしてほしくないこともあります。そのため、お酒を飲んでしまうと長居をしてしまうことが多くなるので、好ましくありません。しかし、餃子などのつまみを頼んだ場合などアルコールが欲しくなるのも一理あり、よく考えなければいけません。酒類の提供がないことで遠ざかってしまうお客さんもいるので、よく考えなければいけませんが、そのとき仕入れをするポイントがお腹を膨らませることが重要になります。
ラーメンは麺とスープがあり、お腹に溜まるものです。そのため、よりお腹を膨らませることで、退出を早めることにつながったりします。お腹を膨らませるには炭酸系の飲料を飲むことが挙げられ、仕入れる際にはビールが適しているといえます。ポイントとしては、炭酸が強いものの方がお腹が膨れやすいので効率が良くなります。
しかし、ラーメンをおいしく食べてもらいたい場合には、スープや麺などに適したお酒を選ぶことが重要になってきます。

洋食屋さんで仕入れておきたいお酒

料理には日本料理やフランス料理、中国料理など色々な地域などでその特色を活かしたものがたくさんあります。その一つに洋食屋さんがあり、フランス料理やイタリア料理など西洋料理を提供するお店になります。そのため、使用する食材も、日本ではあまり使わないものもあり、調理法や味付けなども違ってくるものになります。このような特徴があるだけでなく、食べる際のマナーにも違いがあり料理に合わせるドリンクも違ってきます。
日本料理であれば日本酒や焼酎などを合わせることが多く、中国料理では紹興酒などを合わせたりします。しかし洋食では食前や食事中に飲むもので種類が違ってきます。食前酒ではすっきりとしていて食欲を増進させるようなものが、好まれます。そして、食事中ですがこちらはワインを頼むことが多くなります。このように洋食では場面によって飲むものが違ってきたりするので、それぞれ用意する必要があります。
洋食ですっきりした食前酒には、シェリーやベルモット類のチンザノなどをストレートで頼むことが多くなります。しかし、お酒が苦手な人などはカンパリオレンジなどのカクテルを頼むと、アルコールも低めで飲み口もいいのでおすすめであったりします。また、食中に飲むワインですが、料理の種類によって赤や白と変えたりすることもあります。一般的には肉料理には赤、魚料理には白と言われますがさほどこだわらず、好きな種類のワインを飲んでも問題ないでしょう。雰囲気を楽しみたい場合などであれば、ロゼワインは色合いを楽しむことができます。そのほかにも、何かの記念日などであれば、スパークリングワインを頼むのもより雰囲気を出すことにつながるので、仕入れておけば活躍の場があります。
しかし、洋食屋さんはレストランなどのように厳格なものではなく、カジュアルで肩ひじ張らずに楽しめるお店であることが多いです。そのような場合にきっちりとしたルールに沿って提供するのではなく、お客さんの要望に合わせて適度に応えられるお店の方が、楽しむことができます。そのため、食前酒やワインといったものだけでなく、ビールやカクテル、場合によっては日本酒を仕入れておくことも大切なことになります。
仕入れサイトをうまく活用して、お酒の適切な在庫管理に努めましょう。
料理は食べるのに必要なものですが、お酒は必ず必要なものではありません。料理によってはアルコールが入っていない飲料が合うこともあるので、無理に特徴をつかむのではなくそれぞれの好みに合わせたものを提供しましょう。

お店ジャンル別、良く出るお酒と仕入れのポイント

お酒を提供する場所として、お店によってもジャンルが異なってくるでしょう。
フランス料理を提供している場所であれば、優雅な雰囲気に似合ったお酒を提供する必要が出てきます。
和食料理であれば、日本酒を提供することが増えるでしょう。
カジュアルな雰囲気のお店であれば、みんなで楽しく飲めるようなお酒や、そして沢山のニーズに合わせる為に、様々な種類を用意しておく必要があります。
 
まずは、高級店などのジャンルを選ぶ場合はやはりワインやシャンパンといった物を提供することが増えてきます。
仕入れのポイントは、お店の雰囲気と、提供している料理に合う物になります。
仕入れる際に、業者によっては試飲出来ることがあるので、試してみると良いでしょう。
 
和食料理者で言えば、日本酒が自然と増えてきますし、料理との相性も抜群です。
しかし、和食料理といっても、高級店からカジュアルな創作料理を提供しているお店まで様々です。
同じ和食というジャンルでありながら、実際に提供している料理の内容は変わってきます。
そして、提供されるサービスによって、お客様も注文する物が変わってきます。
高級店であれば、誕生日や何かの祝い事に使われるケースが多くなるため、必然的に高価な物を注文します。
逆に、カジュアルなお店で、友達同士とのランチやディナーを楽しむ場合であれば、それに合わせたカジュアルな物を注文します。
お店の雰囲気と提供する料理に合わせて考えていきましょう。
 
そして、カジュアルなお店など、みんなで楽しく飲めたり、お一人様でもカップルにも人気のあるような場所であれば、それはもう、多種多様なお客様が集まる傾向がありますから、それに合わせて料理も飲み物も用意しなければなりません。
お子様連れでいらっしゃる方もいるかもしれません。
豊富なメニューを用意することによって、選択肢が広がり、選ぶ楽しさがあります。
 
そして、どのお店にも共通して提供されるお酒と言えば、ビールです。
 
一見カジュアルですが、高級店でも食前の飲み物として提供されることがあります。
もちろん、カジュアルなお店でもみんなで楽しく飲むことも出来ます。
苦みが気になる方の為に甘いフレーバーを利用した物なども出ていますし、高級志向を意識したモルトビールなどもあります。
 
大雑把にジャンルを分けるのであれば、高級か、カジュアルか、そして洋食か和食なのかといったジャンルで言えば、洋酒か日本酒なのか、といった風に考えていけば、後はそのお店に合わせて用意すると良いでしょう。

繁華街で生き抜くためのお酒の選び方と仕入れのポイント

繁華街で生き抜くために、酒の仕入れに力を入れることも重要です。質が高いワインやビールを置いている店は、客からの信頼度が高くなりますが、同時に料理の評判も良くなるものです。ところが、逆に十分な質が保たれていない場合には、料理も含めて台無しになってしまいます。競争が激しい繁華街で生き残るためには、管理も含めて徹底的にこだわることも大切です。

店としての方向性を明確にすることで、個性を際立たせることができます。日本酒の場合には、完全発酵の純米酒にこだわって、アルコール添加の酒は置かないようにすることも選択肢の一つと言えます。このような方向性で営業すると、本物嗜好の客からの注目度が高まることが考えられます。安易に妥協して安価なものばかりを置くことはせずに、高価であっても正真正銘の本物だけを集めれば、繁華街の厳しい客も満足させることができます。

繁華街を行き交う人が利用する店ですから、許容の範囲内で多くの人の好みに合う酒を仕入れることもポイントになります。淡麗なビールを好む人がいる一方で、貴腐ワインのような甘口の種類を好む女性もいるため、どちらの客も満足できるメニューを作ります。カクテルやハイボールなどの爽やかなものを用意しながらも、マッコリなどの濃厚なアルコールも取り揃えておくと、毎日のように変化する客の好みに対応できます。

辛口から甘口の種類に至るまで、あらゆる酒を用意することは大切ですが、保存場所も確保しておかなければいけません。冷蔵室が満杯になるほどに仕入れをしてしまったために、火入れをしていない生酒を常温で保管すると、品質は著しく劣化します。優れた醸造家が作ったビールやワインも、店側の管理が悪ければ台無しになってしまいます。多くの種類を用意することは大切なのですが、保管場所の許容を上回ることは避けなければいけません。このようなことから、実際に用意できる種類は限定的になることが多いですから、絶対に自信が持てるものを厳選できるだけの能力も求められます。

繁華街で生き抜くために、あくまでも料理の引き立て役としての酒を選ぶこともポイントになります。多くの客はビールやワインだけを飲むために入店することはなく、料理を第一に考えるのが普通です。料理が最初に主役となる段階で、相性が良さそうなワインやビールを選ぶことで、両方の関係が成り立つことになるのです。そのため、あくまでも顧客目線で品定めをして、最後まで心地よい余韻を残せるようにサービスを提供することがポイントになります。

イタリアンでそろえておきたいお酒と仕入れのポイント

イタリアンで揃えておきたいお酒の特徴についてですが、こちらは洋食となるため主にワイン類を置いておくのが1番ベストになります。お酒を仕入れる際にやはりワイン中心に、置いておくのが1番いいです。イタリアンに合うワインについてですが、こちらは多くの種類のワインに対してほとんどがイタリアに対し合います。また、ワインには保存方法や、気候や、保存期間によって味の方が色々と変わってきますので注意が必要になってきます。いくら値段の高いワインのお酒を手に入れたからといって、それがほんとにおいしかっ、高級であるかは中身を開けて香りや味を楽しんでみないとわからないことが非常に多くあるのです。これらの実態を知るためには、仕入れたところからきちんとどのような保管をしていたのか確認をする必要があります。食材卸の専門業者なら安心して高品質なワインを仕入れることができます。逆に安いワインを手に入れたからといってそれが、おいしいかおいしくないかはやはり保存方法等によって変わってくるのです。しかしながらこういった点を調べるには非常に難しいことがたくさんあり、非常に調べにくい内容となっています。そこでイタリアン料理店でもできる保存方法についてですが、それぞれの生ワイン山下保存の仕方や、適正温度がありますのでそれに基づいて一つ一つ寝かしたり保存をしたりするのが1番重要になってきます。これだけでも大きく味のほうは変わってきますのでそういったことを実践するのも1つの手であります。また、イタリアンにあうお酒はワイン以外でも、日本酒でも合います。洋食に合わせたお酒を入手することが重要になってきます。その他にも沢などをありますがこちらについては合うものと合わないものがありますので十分注意が必要になってきます基本的に、イタリアンに起きましてはワインの方が会いますので、他のお酒は少々おいて、後はワインを中心に置くことがベストな状態となってきます。お店の入り口や、店内の隅のほうに、ワインを並べて置いておくとお客様が入ってきた時に、やっぱりこの店はイタリアンだなぁと言うふうに感じるような置き方が1番短いが良く、お客様にとっても非常に印象が良いので1番良いです。また、人気がない場合については、ときにはなかなか売れない場合もありますが、そういった場合にはやはりしっかりと保管をしアジア、香りを変えていくのが1番ベストとなり、その商品をしっかりお店としてアピールすることが1番重要になってくるのです。

にごり酒の特徴、仕入れる時のポイントとは

お酒が好きと言う方でも日本酒の製造工程までは知らないという方が多いでしょう。これをしれば、にごり酒の違いも分かります。

精米したお米を洗って水に漬ける、というのはご飯作りでも行なわれる工程ですが、日本酒の場合はその後お米を蒸して、麹菌をまぶし、麹を作ります。麹と酵母・蒸したお米・水を混ぜ合わせることでお米はアルコール発酵してドロドロになります。これを絞って抽出した液体を寝かせることで底に溜まった澱を取り除き、更に炭素やフィルターを使って濾過します。これ以上酵母が働かないように60度から65度に加熱し、出荷までは貯蔵しておくというわけです。

この工程の中でドロドロになったお米を搾る上槽という作業で絞りを粗くし、澱を取り除くことなく残したままにしたものがにごり酒というわけです。にごり酒というとドロッとした白い沈殿物が特徴ですが、その正体は澱であり、元を辿ればお米そのものなのです。取り除くはずの澱を残すという特徴を聞くとあまりおいしくないように感じられますが、残ったお米はお酒の味を滑らかにしてくれます。それに、澱は本来は酒かすになるはずの部分です。酒かすにはタンパク質やビタミン・葉酸・食物繊維などさまざまな栄養が含まれています。にごり酒は普通のお酒に比べて栄養がたっぷり詰まっているという特徴もあるのです。ちなみににごり酒は粗く濾しているのですが、まったく濾さずに澱が残ったままにしたものがどぶろくということで、作り方の一部の違いで名称や味・特徴が違ってきているのです。

人気の高いにごり酒なので仕入れることも多いでしょうが、ポイントがあります。にごり酒の中ある澱は普通のお酒に比べて日の光や時間の経過で分離したり変色したりして味が変化しやすいという特徴があります。育つお酒なのです。そのため飲み頃な状態に達してから出荷する一般的な日本酒よりも少し早めに仕入れるようにしましょう。できる限り変化が起こりにくいよう、光に当てずくらい所に置いておくか冷蔵庫に入れておくほうがよいです。たくさん仕入れるのもいいですが、保管場所を確保しておかないとあっという間に劣化しておいしくなくなってしまいます。
お酒の仕入れサイトを使えば人気のある銘柄も在庫があるかもしれません。
お酒には賞味期限というのがありませんが、これはワインなどと違って酸化防止剤が入っているわけではなく、保存する場所の状態によって品質が変化しやすいから。できるだけ長くおいしい状態を保つためには注意が必要なのです。