中華料理屋で仕入れておきたいお酒

中華料理屋で定番のお酒と言えば、紹興酒がその代表となるでしょう。紹興酒はもともと中国で作られているお酒のため、中華料理との相性も間違いなく良いのです。そのため、ほとんどの中華料理屋が紹興酒を仕入れて、提供しています。なぜ紹興酒が中華料理と相性が良いかというと、濃い味付けと油分の多さに適しているからです。独特で芳醇な香りと深い味わいが、濃い目の味付けにマッチするのです。そんな紹興酒の特徴とは、アミノ酸の豊富さにあります。人間はアミノ酸が必要な栄養成分ですが、中には人体の中で作り出すことができないアミノ酸が存在します。そんな必須アミノ酸は、食物などから補給することが必要となるのですが、紹興酒には、そのほとんどが含まれているのです。そのため、健康にとってもとても良いと言えます。
しかし最近の中華料理は、以前とは違い、油分をあまり感じさせず、食材本来の味わいを楽しめる、優しい味わいに仕上げたお店も多くなってきています。その理由は、食材の質が以前と比べて、格段に良くなっていることにあります。そもそも中華料理が油が多く、濃い味付けになった背景には、食材の風味を殺すことが目的として確立した技術であることがあります。昔の中国では、あまり新鮮で美味しい食材が手に入りませんでした。そのため、食肉類や海鮮類などは生臭かったり、味わいがあまり良くなかったりしました。その臭みや味の悪さをカバーして、美味しく食べられるように濃い味付けになったのです。
しかし、現在の日本では、とても質の良い食材が手に入ります。お店でも、より良いものをお客様に提供するために、食材にこだわりを持っていることが多くなっています。食材の仕入れサイトなら、紹興酒以外にもワインやその他のお酒の仕入れも楽チンです。このような中華料理屋におすすめなのが、ワインです。ワインの基本は、料理とのマリアージュにあります。素材や味付けにあったワインと、料理を合わせたときには、単体で飲んだり食べたりした時よりも、何倍も美味しさを楽しむことができます。そして、そんな組み合わせを探すことも楽しみのひとつとなるのです。
特に素材を重視した中華料理とワインの組み合わせは、格別のマリアージュです。代表的なのは、スパークリングワインや白ワインには、シュウマイやエビ餃子などの点心が良く合います。また、オイスターソースなどで濃い目に味付けをした牛肉料理などは、濃厚で熟成された赤ワインが最高のパートナーとなります。食材にオーガニックのものを取り入れているのであれば、自然派ワインがとても良く合うでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です